SQL 日付関数について(2)

ITコーディネータのシュウです。

桜2__

先週末の雨と風で桜が結構散ってしまいましたね。これはその前に撮った家の近くの庁舎にある桜の写真です。

4月に入り、子供たちもいよいよ始業式、入学式の時期になりました。わが家も子供たちが学校へ行く準備で慌ただしくしている朝の日々が戻ってきました。

朝になって、子供たちからあれがない、これがない、これを準備して!とか言われると本当に大変ですよね。前の日の夜に次の日の準備をしっかりさせるように躾けることが大事だとつくづく感じます。

it-coordinator①-1

<本日の題材> 日付関数についての続き

前回、日付型関数について少し話をしましたが、日付の計算などについて今回は見てみたいと思います。

①    何日後・何日前など、日にちを足し引きする場合:
Oracle:
 DATE型の項目に対して、足し引きしたい日数を単純にプラス 、マイナスすればよい。

SQL Server:
  DATEADD関数 (構文:DATEADD(datepartパラメータ, number, date) )でパラメータに dayを使用する。

※追記)
Oracleと同様に、足し引きしたい日数をプラスマイナスも可能です。ただし、Oracleの場合は、日数だけでなく、時間・分・秒なども 1/24 、1/24/60、1/24/60/60 などを足し引きすることで計算が可能ですが、SQL Serverでは日数までです。

例)購入日(DATE型)の7日後、7日前
Oracle:
    SELECT 購入日
      , 購入日+7  AS 購入日の7日後
      , 購入日-7  AS 購入日の7日前
      FROM テーブル名;

購入日が ’2014-03-25’ だった場合、結果は以下のようになる:
   購入日            購入日の7日後    購入日の7日前
   -----------------      -------------------     --------------------
   14-03-25         14-04-01           14-03-18

SQL Server:
    SELECT  購入日
      ,  DATEADD(day, 7, 購入日)  AS 購入日の7日後
      ,  DATEADD(day, -7, 購入日)  AS 購入日の7日前
      FROM テーブル名;

※Oracleと同様の、+7、-7 などの計算も可能です。

 
②    何か月後・何か月前など、月数を足し引きする場合:
Oracle:
ADD_MONTHS関数(構文:ADD_MONTHS (date型項目, integer) )。

SQL Server:
  DATEADD関数(構文:DATEADD(datepartパラメータ, number, date型項目) )でパラメータに month を使用する。

例)購入日(DATE型)の月末日の1ヶ月後、1ヶ月前
Oracle:
  SELECT   LAST_DAY(購入日)  AS 購入日の月末日
 ,  LAST_DAY(ADD_MONTHS(購入日,1))  AS 購入日の翌月末日
 ,  LAST_DAY(ADD_MONTHS(購入日,-1))  AS 購入日の前月末日  FROM テーブル名;

   購入日が ’2014-03-25’ だった場合、結果は以下のようになる:
     購入日の月末日     購入日の翌月末日     購入日の前月末日
       --------------------      ----------------------         -----------------
       14-03-31                  14-04-30                        14-02-28

SQL Server (2012):
    SELECT      EOMONTH(購入日)  AS 購入日の月末日
  ,  EOMONTH(DATEADD(month, 1,購入日))  AS 購入日の翌月末日
  ,  EOMONTH(DATEADD(month, -1,購入日))  AS 購入日の前月末日     FROM テーブル名;

Excel月末日_result3

※ただし、上記の月末日を取得する EOMONTH関数は、SQL Server2012から使える機能です。それ以前の場合には、翌月1日から1日引いた日付を取得するかたちが一般的ですね。いろいろな書き方があると思いますが、例えば以下のような文で今月の月末日を抽出できます。

SELECT DATEADD(DAY,-1,DATENAME(YEAR,DATEADD(MONTH,+1,GETDATE())) + '-' + DATENAME(MONTH,DATEADD(MONTH,+1,GETDATE())) + '-' + '01') as 当月末

★前回と同様、EXCELからデータをアクセスできる環境であれば、EXCELのほうで月末日を取得する関数(EOMONTH関数)があるので、EXCEL側で月末日を表示させることが簡単にできます。

Excel月末日_result2

今日は以上まで

 

にほんブログ村 IT技術ブログへ
にほんブログ村

SQL 日付関数について(1)

ITコーディネータのシュウです。

DSC00680

会社の近くで撮った写真、桜が見事に咲きました!
遠方に見えるのは、さいたま新都心のビル群

WindowsXPのサポート期限切れが迫ってきました。4月9日です。Office2003も同一日でサポートが切れますね。

先日(3/6~7)、東京駅のすぐ隣のJPタワーで行われたSecurity Days 2014でもそのことを取り上げて、セキュリティに注意を促すセッションを行うところも結構ありました。日本MSの発表では、XPとWindows8.1ではウィルス感染率に21倍もの差があるとか。。。

昨年の11月の調査時点で、サポート終了予定から約1年が経過した2015年3月時点でも、18.2%のPCがWindows XPで稼動予定という矢野経済研究所の調査報告(http://enterprisezine.jp/article/detail/5403)があり、総務省の2013/11/22の発表では自治体でも26万6千台が期限切れになるという予想報告や、最近でも個人でXPを使用している人がまだ4人に一人という調査結果を出しているところもあります。

問題は、サポートが切れることで、新しく発見された脆弱性に対してXPについてはセキュリティパッチが提供されなくなるため、その脆弱性を狙った攻撃があればそれによる被害が発生してしまう危険性が高いということです。最近は標的型攻撃とよばれるサイバー攻撃が非常に増えてきているということなので、それに対応した防御も十分考える必要が出てきていますね。

it-coordinator①-1

<本日の題材>
日付関数について

前回、日付型にどういうものがあるかという話をしましたが、日付型項目の値を表現したり計算したりする場合に、関数を使用するケースが随所に出てきます。その関数についても、OracleとSQL Serverでは違いがあるので、整理しておくと便利かと思います。

まず、よく使うのがシステム日付。

Oracle:SYSDATE
SQL Server:GETDATE()

実際にSQLでシステム日付を確認するのは、
Oracleでは、
SELECT SYSDATE FROM dual;
SQL Serverでは、
SELECT GETDATE();

そして、日付型項目を日本語の日付表現に直して表すとき、西暦の4桁の年月日までか、年月までか、年だけの表記にするか、それとも時刻まですべて表現するのかなど、いろいろとシステムによって項目ごとに使い分ける場合があると思います。

今回は、この日付のフォーマットに関して少し上げてみたいと思います。

Oracleの場合は、TO_CHAR関数を使用して、フォーマットを設定しますが、SQL Serverの場合は、CONVERT関数を利用することが多いと思います。

例)
①yyyy/mm/dd という表示にしたい
Oracle:
SELECT TO_CHAR(日付項目, ‘YYYY/MM/DD’) FROM テーブル名;
SQL Server:
SELECT CONVERT(VARCHAR, 日付項目, 111) FROM テーブル名;

②yyyy-mm-dd hh:mi:ss というように日付+時刻(24時間表記)で表示したい
Oracle:
SELECT TO_CHAR(日付項目, ‘YYYY-MM-DD HH24:MI:SS’) FROM テーブル名;

SQL Server:
SELECT CONVERT(VARCHAR, 日付項目, 120) FROM テーブル名;

結果はこんな感じ:
2014-03-31 14:46:39

③和暦で表示したい
Oracle:
SELECT TO_CHAR(日付項目, 'EEYY"年"mm"月"dd"日"', 'nls_calendar = ''Japanese Imperial''') 日付 FROM テーブル名;

結果はこんな感じ:
日付
----------------------------
平成26年3月31日

※Oracleの書式について
E : 元号の略語(大正:T、昭和:S、平成:H)
EE: 元号(大正、昭和、平成)

和暦変換する場合は'nls_calendar = ''Japanese Imperial'''で「nls_calendarオプション」のカレンダを指定するかたちになります。

SQL Server:
SQL Serverでは、実は和暦に変換する関数は持っていないため、SQLを駆使してこれを実現するケースが多いと思います。例えば元号を表すためには

SELECT
Case when 日付項目 > '19890107' then '平成'
when日付項目 > '19261224' then '昭和'
when日付項目 > '19120729' then '大正'
when日付項目 > '18680124' then '明治'
else 'その他' end 年号
というようなかたちでSQLで設定が必要です。

ただし、例えば結果をEXCELで表示するというように、EXCELからデータをアクセスできる環境であれば、EXCELのほうで日付データに対して和暦の表示を行うことができるので、SQL Serverのデータでも、簡単に和暦に変換することが可能になります。

和暦全体

EXCELはいろいろと関数を持っているので、使えば結構便利ですよね。

なお、SQL ServerのCONVERT関数についての仕様やパラメータについては、以下のサイトで確認できます。
http://msdn.microsoft.com/ja-jp/library/ms187928.aspx

今日は以上まで

にほんブログ村 IT技術ブログへ
にほんブログ村

Oracle・SQL Server 日付型について

ITコーディネータのシュウです。

花_2

ソチオリンピック、パラリンピックが終わってしばらくたちましたが、まだ感動が残っていますね。

羽生選手のように、力を存分に発揮できた人もいれば、練習してきた成果を完全には発揮できなかった人もいましたが、浅田選手のように、前半の失敗で絶望のような状況になりながらも、気持ちを切り替えて後半は全てを出し切って表現し、皆に深い感動を与えてくれた選手もいました。最後笑顔で終えることができて、本当によかったと思います。日本中の人たちがそう思ったでしょう。ジャンプ団体も夜中ずっとテレビで応援してましたが、インタビューにも感動しました。

オリンピックに出ること自体がとても大変なことでしょうが、本番で自分の力を出し切ることはどれほど難しいことかと思います。しかし、それぞれに見るものに感動を与える力があり、やっぱりスポーツとはすばらしいですね。選手一人ひとりに拍手を送りたいです。

it-coordinator①-1

<本日の題材> 【日付型について】

日付・時刻に関する型は、

Oracle:
  date、timestamp、timestamp with time zone

SQL Server:
  datetime、smalldatetime
                                    -- SQL Server2005まで
  date、time、datetime2、datetimeoffset
                                    -- SQL Server2008から追加
などがあります。

私も過去、システム開発でよく使用していたのは、Oracleでは「date」型、SQL Serverでは「datetime」型(どちらも、日付と時刻の両方の値を保持)だったのですが、他にも上記のような型が存在しています。

SQL Serverで「datetime」型を使用していた時に、たまたま登録しようとしたデータに 1753/1/1 よりも古い値が存在していたときに、エラーになったことがあり、そんな制限があるんだとびっくりしたことがありました。

ちなみに、エラーメッセージはこんな感じ:

メッセージ 242、レベル 16、状態 3、行 3 varchar データ型から datetime データ型への変換の結果、範囲外の値になりました。

なぜ 1753 年から開始なのか? それは datetime 型が「グレゴリオ暦」であることに起因しているようで、当時のイギリス帝国 (とその植民地) でグレゴリオ暦を採用した年が1752 年であり、通年としてグレゴリオ暦が始まったのが 1753 年からだからとのこと。 (ちなみに Oracleの「date」型は -4712/01/01 ~ 9999/12/31 までの範囲)

SQL Server2008からは、新しく 「datetime2」型:西暦1/1/1以降のデータを扱えるもの、 「date」型: 時刻の部分はなく日付部分のみをデータとして持つもの、 「time」型: 時刻の部分のみ持ち、時間も100ナノ秒まで扱えるもの などが増えています。

これに対して、Oracleも「timestamp」型というもので、日付+時刻で最少ナノ秒単位まで扱える型があります。

また、タイムゾーン・オフセットを考慮した型もあり、下記のようなものがあります。

Oracle:timestamp with time zone、timestamp with local time zone SQL Server:datetimeoffset

タイムゾーン・オフセットとは、ローカル時間とUTC(協定世界時、以前のグリニッジ標準時)との時差(時間および分単位)になり、日本の標準時間はグリニッジ標準時に9時間プラスした時間となります。

どういうときにこの型を使うのか?というと、グローバルに展開する企業のシステムなどで、時差がある国や地域で作成した部品を組み立てて製品を完成しユーザに届けるような場合、各地の時刻で日付を登録するとわかりにくくなるところを、全てある地域の時刻に変換して表現することで、システムとしてわかりやすくするような場合など、この型が必要な場合があるようです。

日付関数などについて、続きは次回

 

にほんブログ村 IT技術ブログへ
にほんブログ村

SQL主キーの追加・削除

ITコーディネータのシュウです。

untitled

京都に行ったときに撮った梅の花です。

今年も資格更新のためのポイント取得の期限が迫ってきました。3月末までに、何とか頑張って、3年間30ポイントに不足している分を取らないと! やっと何とかクリアできそうなところに来たんですけどね。。。

会社の仕事もまた忙しくなって来たところなんだけど、頑張るぞ!

ちなみに、ITコーディネータは、プロセスガイドラインというものがあり、IT経営を推進するため、ITコーディネータの備えるべき実践力や仕事の進め方についてガイドラインとしてまとめ、これを公開しています。かなり広範囲でボリュームもあります。
http://www.itc.or.jp/about/guideline/

it-coordinator①-1

<本日の題材>
前回のテーマだった、テーブル作成後の定義変更のSQLの続き

【主キーの追加】

Oracle/SQL Server:
ALTER TABLE テーブル名 ADD CONSTRAINT 主キー制約名 PRIMARY KEY (列名);

例)社員マスタの社員コードを主キーにする
Oracle:
ALTER TABLE 社員マスタ ADD CONSTRAINT PK_社員 PRIMARY KEY (社員コード);

Oracleの場合はNOT NULL制約をつけていない項目でも一発で主キーを追加できる(自動的にNOT NULLに変更してくれる)。

SQL> desc 社員マスタ

名前 NULL? 型
------------------ -------- ----------------------------
社員コード VARCHAR2(10)
社員名 VARCHAR2(40)

SQL> ALTER TABLE 社員マスタ ADD CONSTRAINT PK_社員 PRIMARY KEY (社員コード);

表が変更されました。

SQL> desc 社員マスタ

名前 NULL? 型
------------------- -------------- ----------------------------
社員コード NOT NULL VARCHAR2(10)
社員名 VARCHAR2(40)

しかし、SQL ServerではNOT NULL制約がない場合には、一旦NOT NULLに変更してからでないと主キーを追加できない。

SQL Server:

ALTER TABLE 社員マスタ ALTER COLUMN 社員コード VARCHAR(10) NOT NULL;

ALTER TABLE 社員マスタ ADD CONSTRAINT PK_社員 PRIMARY KEY (社員コード);

最初にNOT NULL制約をつけてないと、PRIMARY KEYを追加しようとしたときに、エラーになってしまう。

ALTER TABLE 社員マスタ ADD CONSTRAINT PK_社員 PRIMARY KEY (社員コード);
メッセージ8111、レベル16、状態1、行1

テーブル'社員マスタ' のNULL 値が許可される列にPRIMARY KEY 制約を定義できません。

※SQL Serverでも、最初のCREATE TABLE文で主キーを設定する場合は、NOT NULLは記述してなくても自動でNOT NULLになります。

【主キーの削除】

Oracle:以下のどちらかで可能
ALTER TABLE テーブル名 DROP PRIMARY KEY;
ALTER TABLE テーブル名 DROP CONSTRAINT 主キー制約名;

例)
ALTER TABLE 社員マスタ DROP PRIMARY KEY;
または、
ALTER TABLE 社員マスタ DROP CONSTRAINT PK_社員;

ちなみに、制約名がわからないときは、下記のコマンドで検索できる。
SQL>
SELECT CONSTRAINT_NAME, CONSTRAINT_TYPE,TABLE_NAME
FROM user_constraints
WHERE TABLE_NAME = '社員マスタ';

CONSTRAINT_NAME C TABLE_NAME
---------------------------- -- ------------------------------
PK_社員 P 社員マスタ

ちなみに、CONSTRAINT_TYPEというのは制約定義のタイプで、値は以下のようなものなどがあります。
「C」CHECK制約
「P」主キー制約(プライマリキー)
「U」一意のキー
「R」参照整合性
「V」ビューでのチェック・オプション付き
「O」ビューで読取り専用

SQL Server:
ALTER TABLE テーブル名 DROP CONSTRAINT 主キー制約名;

例)
ALTER TABLE 社員マスタ DROP CONSTRAINT PK_社員;
もちろん、SQL Serverの場合はGUIツールが使いやすいので、Enterprise Managerでもキーを簡単に削除できる。

主キーの設定し直しも、削除⇒追加で基本問題ないはずです。

RDBの場合、テーブルに主キーを持たせるのは多いとは思いますが、今までACCESSやEXCELで行ってきた業務を、SQL ServerやOracleに移行する場合に、もともとのmdb側で主キーを持たせていない場合とか、見受けられることもありますね。後から主キーを追加したりするときに、覚えておくといいのではないかと思います。

今日は以上まで

にほんブログ村 IT技術ブログへ
にほんブログ村

テーブル作成後の定義変更のSQL

ITコーディネータのシュウです。 空_1

ぽかぽか天気、あったかそうでしょ!

  <自己紹介>

10年前、「ITコーディネータは、真に経営に役立つIT利活用に向け、経営者の立場に立った助言・支援を行い、IT経営を実現する人材です。」という紹介にあるような人材となるべく、高額のセミナーに参加し(ただし会社に出してもらったのだけど)、必死になって新しいことを勉強した日々。。。
ITCのホームページ:http://www.itc.or.jp

けれども、ずっと委託業務で他の会社に常駐しての仕事だったため、ITコーディネータを前面に出すような仕事は一切なく、システムの開発とデータベースからのデータの抽出・分析などの仕事をする毎日でした。 ただ、資格を継続するのも実は大変なんですね。

過去3年間で30ポイントを取っていることが継続の条件ですが、セミナー代金や資格更新料など、経費もかかっちゃいます。

  自己紹介はこれくらいにして・・・

it-coordinator①-1

せっかくなので、システムの開発とデータベースからのデータの抽出・分析などの仕事で学んだ内容を、少し整理しようと思っています。

<本日の題材>
【テーブル作成後の定義変更のSQL】

仕事によってOracle、SQL Serverを使うことがよくありますが、テーブル作成後の定義変更の仕方が、OracleとSQL ServerなどRDBによって微妙に異なるため、ときにすぐに思い出せなくて困ってしまうことがあります。
それで、ちょっと覚書の意味もあわせてまとめてみます。

【項目の追加】
Oracle:
ALTER  TABLE  テーブル名  ADD (列名 列定義);
SQL Server:
ALTER  TABLE テーブル名  ADD  列名 列定義;

例)追加する項目が複数の場合
Oracle:
ALTER  TABLE  社員マスタ  ADD (性別 VARCHAR2(4), 備考 VARCHAR2(100));

SQL Server:
ALTER  TABLE  社員マスタ  ADD  性別 VARCHAR(4), 備考 VARCHAR(100);

追加する項目にNOT NULL制約をつけて、デフォルト値を設定したい場合

例)test_tabテーブルにcol_a という数値項目をNOT NULL制約(デフォルト値 0)をつける

Oracle:
ALTER  TABLE  test_tab  ADD (col_a  NUMBER(4) DEFAULT 0  NOT NULL);

SQL Server:
ALTER  TABLE  test_tab  ADD  col_a  INT  DEFAULT 0 NOT NULL;

【列定義の変更】
Oracle: ALTER  TABLE  テーブル名 MODIFY (列名 列定義); SQL Server: ALTER  TABLE  テーブル名 ALTER COLUMN  列名 列定義;

例)文字項目の桁数を増やす場合(社員名を40バイトから50バイトに変更)
Oracle:
ALTER TABLE 社員マスタ MODIFY (社員名 VARCHAR2(50));

SQL Server:
ALTER TABLE  社員マスタ  ALTER  COLUMN  社員名 VARCHAR(50);

【項目の削除】
Oracle: ALTER  TABLE  テーブル名 DROP (列名);
SQL Server: ALTER  TABLE  テーブル名 DROP COLUMN 列名;

例)社員マスタに「性別」「備考」の削除
Oracle: ALTER  TABLE  社員マスタ  DROP (性別, 備考);
SQL Server: ALTER  TABLE 社員マスタ  DROP  COLUMN  性別, 備考;

【項目名の変更】
Oracle:
ALTER  TABLE  テーブル名 RENAME COLUMN  列名 TO  新列名;

SQL Server:
sp_rename @objname='テーブル名.元項目名', @newname='新項目名', @objtype='COLUMN';

例) 社員マスタの「備考」という項目名を「備考1」という名前に変更する。
Oracle:
ALTER  TABLE  社員マスタ RENAME COLUMN 備考 TO 備考1;

SQL Server:
sp_rename @objname='dbo.社員マスタ.備考', @newname='備考1', @objtype='COLUMN';

※ただし、SQLServerではManagement StudioなどのGUIツールで変更できますし、実際の運用では、項目名の変更を後から行うことはあまりないとは思いますが。

今日は以上まで

にほんブログ村 IT技術ブログへ
にほんブログ村

主にSQLについて書いていきたいと思います。